活動内容
レポート
セミナー・研修会・実務研修
シンポジウム・講演
Calendar Loading

予定表

  1. テスト

活動内容

レポート

東京都中央区銀座「銀座ブロッサム」にて設立総会を開催 平成24年5月16日(金)

設立総会前に遠方からご参加を頂きました会員の方と旅行ネットワーク研修を行い、16:30より設立総会を行いました。

総会では、平森理事長より設立をした経緯及び今後の活動報告をさせていただきました。

介護タクシー
挨拶をする平森理事長

また、多数の来賓者にご出席を賜り、今後のバリアフリー旅行ネットワークの発展を誓い、盛大な祝宴を執り行いました。来賓の方を代表し、観光庁観光産業課 課長補佐 堀江直宏氏と中央大学研究開発機構教授(日本福祉のまちづくり学会 会長)秋山哲男氏にご挨拶を頂きました。

国土交通省大臣(太田昭宏氏)と記念写真観光庁観光産業課 課長補佐
堀江直宏氏
受賞後のスピーチ中央大学研究開発機構教授
(日本福祉のまちづくり学会 会長)
秋山哲男氏

プレスからはトラベルジャーナル(6月2日号掲載)と旅行新聞新社 (6月1日掲載)に 総会の様子と今後の活動に関し取材を受けました。

旅行新聞(6月1日掲載一部抜粋)

来賓の観光庁観光産業課の堀江直宏課長補佐は「ユニバーサルツーリズムの 取り組みは今後ますます重要になってくる。観光庁では昨年、地域の受入体制マニュアルつくりを進め、受 け手と送り手の両面から検討して きた。今後はいかにこれを広げていくかが課題だと受け止めている」と観光 庁の取り組みを紹介したうえで、バリアフリー旅行ネットワークに対し、「ますます強力に活動を進め、ユニ バーサルツーリズムの一層の促進に向けて主翼を担ってほしい」と期待した。

第7回 国土交通省バリアフリー化功労者大臣表彰受賞 平成24年1月17日(金)

講評

受賞者は、障がい者や要介護高齢者が参加する国内外旅行分野において、バリアフリーツアーやヘルパー養成講座実習ツアーを積極的に実施するとともに、旅行会社、宿泊施設運輸業者、外出支援業者等を会員とする「バリアフリー旅行ネットワーク」を設立し、研修会や意見交換会等の実施を通じて、会員等のバリアフリー化の推進に貢献していることを高く評価し、表彰することとした。【 国土交通省ホームページ「株式会社昭和観光社・バリアフリー旅行ネットワーク バリアフリーツアー及び企業ネットワーク活動の推進」

国土交通省大臣(太田昭宏氏)と記念写真国土交通省大臣(太田 昭宏氏)と記念写真
受賞後のスピーチ受賞後のスピーチ

喜びの声(代表理事:平森 良典)

この度の受賞を大変光栄に思います。諸先輩の教え、会員の皆様の活動に対し、心より感謝申し上げます。皆様と共に「誰もが安心して旅行が楽しめる社会づくり」のコーディネイト活動をしてまいりました。今後「見えている未来の課題に手を打つ実践」に向けたスクルアップの研修や実習などで、観光・福祉・医療の連携を視野に入れ、プラットホームを発展させてまいります。

国土交通省 自動車局 意見交換会 平成24年1月17日(金)

日々業務の中で、高齢者や障がい者の観光案内をしいる中で、当事者目線の困っていることをアンケートで意見を頂き、12月19日にも運輸部会や全体研修会で高速道サービスエリアでの課題をまとめ、要望書を自動車局総務課企画室長金子室長様へ事前にお送りし、金子室長同席で自動車局旅客課の方々と10時30分から1時間の意見交換をさせていただきました。

車いす仕様観光バス(リフト付き)の全国の空白地域や全体の保有台数を増やしていく必要性を感じていらっしゃり、今後意見交換の継続を感じました。

貸切バスリフト車における営業区域外配車においては、貸切バスの臨時営業区域の設定通達書がありますので各地域運輸局担当者と意見交換をされて下さい。

また、ニューツーリズムや各団体や介護保健事業者の旅行時の白タク営業の輸送については、隙間的な内容も多く、実例を集めご報告を頂ただければ、必要に応じて対処していきたいお声を頂き、再度意見交換が必要と感じました。

大型観光バスも含む、車いす仕様観光バスや車いす仕様ワゴン車の乗降地の確保と、休憩所の駐車帯を一般乗用車走レーンの区分し、歩行者の安全確保を要望する意見交換について、具体的なイメージの写真を添えて各具体的にご検討いただきたいことを、全体の乗降所の確保や誰にもささしいゾーンや横断ゾーンのUDデザインと色彩の見える化や東京駅や羽田空港を例とした、具体的乗降所の確保な要望を事例に、全国共通改善により、国民の安全安心移動生活の必要性のお話しをさせていただきました。

介護タクシー
駐車帯の改善